品質マネジメントの改善

パソコンを操作する人

国際規格取得の際の注意点

製造業に限らずソフトウェアやサービスなど無形商品の提供を事業とする企業も含め、商品やサービスの品質は顧客満足度に直結する重要な要素です。企業の信頼性や業績まで大きく左右することになる品質を確保していくためには、しっかりとした品質マネジメントシステムの構築が欠かせません。現在ではISO9001が品質マネジメントシステムの国際規格として多くの企業に導入されており、顧客満足度と企業の社会的信用を高めるのに役立っています。ISO9001を取得するには、品質マネジメントシステムの運用からリスク管理・プロセス評価に至るまでの社内体制を構築しなければなりません。そのための方法としては自社でISO9001に適合するよう社内体制を整備するやり方と、外部のISOコンサルタントに依頼するやり方の2つがあります。社内の担当者にISO構築を命じて取得を目指す方法を選択した場合は、コンサルタント費用を節約できる点が最大のメリットです。ISO9001に関する社内ノウハウも向上するため、そうした知識が経営に生かされる場面も考えられます。一方でISO9001の取得には計画書の作成やプロセス管理・リスク管理に対する支援体制の整備など、非常に多くの作業が発生するのは避けられません。運用手順の策定や評価と改善の仕組み作りにも膨大な時間と労力を要することから、一般の企業にとってISO9001の自力取得には高い壁が存在するのです。マニュアル通りのISO構築では必ずしも自社の実情に合わせた品質マネジメントシステムが構築できず、運用の段階になって不具合が生じる可能性もあります。ISO9001取得にはそうした事情があることから、多くの企業はISOコンサルタントを利用して自社に適合したシステムを構築してきました。品質マネジメントのプロに依頼することで無駄が排除され、運用しやすいISOシステムを構築することができるのです。