女性

最新の社内文書有効活用法

企業内での作業効率化を図る為には、円滑な業務遂行に欠かせない社内文書を文書管理ソフトで電子化とデータベース化を行い、紙媒体から脱却する必要があります。また、文書管理ソフトの利用やサーバー運用管理をサポートしてくれる業者の存在は、作業効率の向上に大いに貢献してくれます。

詳しく見る

男性

情報漏洩しない機密保護

機密文書を処理するポイントは2つある。一つは手間がかからず情報漏洩の心配がない方法で処理してくれるかどうか。もう一つのポイントは処分時にお金になるかどうかである。そのためにはこれらの処理に定評があり、機密遵守のスキルを持っている業者とつながることが重要である。

詳しく見る

パソコンを操作する人

品質マネジメントの改善

品質マネジメントシステムの国際規格として多くの企業が導入しているISO9001には、2種類の取得方法があります。自社でシステムを構築してISO9001を取得する方法は、コンサルタント費用がかかりません。ISO構築に膨大な時間と労力を費やす点を考慮すると、ISOコンサルタントを利用するのが得策です。

詳しく見る

男女

文書とその管理

文書管理を行う際には、文書管理ソフトを導入し管理することが多い。文書管理ソフトを導入する際には、セキュリティ対策が十分に取れていることや検索機能が充実しているものを選ぶと良い。それにより、安心して利用できる。

詳しく見る

男性

社内文書の効率的処分方法

社内で使われた機密文書は情報漏洩を防止する目的で、シュレッダーなどを利用して処理されるのが一般的です。そうした機密文書を社内で処分していては非効率的なため、多くの企業は専門の処理業者を利用しています。溶解処理サービスは1箱1500円前後が費用の相場ですが、利用の際は業者の評判を検索するのが無難です。

詳しく見る

企業製品の品質管理指針

パソコンを操作する人

各企業が目指す体制作り

各企業から提供されている製品やサービスは、事前に十分な審査や評価を受けた上で市場に出回っていますが、国際競争力を高める為には、国際基準に則ったISO9001に準拠した品質管理が求められます。ISO9001の認証を受ける為には、幾つかのフェーズ分けされた条件を満たす必要があります。まず最初に、組織の明確化が求められます。製品・サービスの企画段階から製品・サービスの提供までの一連の流れの中で、責任の所在や役割分担を分かり易く整理しなければなりません。次に、明確化した各組織が強い責任感を持って業務を遂行することが求められます。様々な問題に直面しても、他の組織に責任転嫁することなく、忠実に責任を全う出来る組織を構成しなければなりません。次に、様々なリスクにも動じない実行性の高い業務計画を作ることが求められます。あらゆる場面において、常に各組織が正常に機能しなければなりません。次に、組織間の支援体制を整えることが求められます。閉鎖的な組織運営を排除し、教育面や技術面の活性化を促すようにしなければなりません。次に、製品やサービスの運用計画を具体的に示すことが求められます。組織間でスムーズな連携を図り、顧客ニーズに対して迅速な対応が可能なことを証明しなければなりません。最後に、ISO9001に則った品質管理体制の評価と改善を滞りなく行うことが求められます。各過程において、問題点やトラブルの洗い出しを行い、常に品質向上に適した体制作りを図るようにしなければなりません。このように、ISO9001の認証を受けることは、各企業の製品やサービスの品質を高めるだけではなく、各企業の組織力や信頼性を恒常的に高める効果をもたらしてくれます。また、企業としてISO9001の認証を受けることとあわせて重要なことがあります。それはサイバーセキュリティー対策です。パソコン上でデータ管理をしている今、サイバー攻撃を受けて情報流出が起こる危険はとても高くなっています。社内に専門の機関を作ったり、対策システムを導入するなどして万全な対策をとることが企業として求められているのです。このセキュリティに関して、ヨーロッパで新しい規則が定められます。GDPRという規則で、一般データ保護規則のことです。欧州における個人情報の保護における規則で、グローバルにサービスを展開している企業であれば必要な措置をこうじる必要があります。現在、この対策を専門としている会社も存在しているため、必要であれば相談しながら対応を進めるといいでしょう。